FANDOM


This page is for detailing information for the lesser characters of the Umineko no Naku Koro ni series.

The characters list will be organized in the same manner as the List of Umineko no Naku Koro ni characters from the Japanese Wikipedia.

Ushiromiya Family

Kinzo's legal wife

Kinzo's legal wife is the wife Kinzo was forced to marry by the Ushiromiya elders before he became a soldier in World War II. Not much is known about her, aside from the fact that she came from a high aristocratic family and is the biological mother of Krauss, Eva, Rudolf and Rosa, and thus the grandmother of Jessica, George, Battler, Ange and Maria. Throughout the series she has only been referred to by a very few characters, and a very few times, mostly by her children or grandchildren.

She was mentioned once by Kinzo during EP7. Kinzo never really love her nor did he hate her, he just did not care about her, like how he did not care about their children. It is unknown whether the feelings she had for Kinzo were mutual, but it was noted by Eva that after Kinzo moved his family to Rokkenjima, she became suspicious of him and was somewhat aware of the existence of a blonde haired woman living in a hidden mansion, due to his frequent visits. When she died, it was noted by Rudolf that Kinzo cried in her funeral, though not as much as when he cried for Beatrice in EP7.

Like Asumu, she did not get a sprite but was given an appearance in the manga adaptation, though she only had one picture.

Miscellaneous

Erika's former lover

In EP6, Erika reveals to Dlanor that the reason she strongly denied magic was because of her experience with a man in college who claimed to love her. Day by day, Erika found circumstantial evidence that he could have been cheating with another woman. When confronted, the man reacted violently and threw her out, thus ending their relationship. This emotional scar, which would remain carved into Erika's heart could possibly be the reason why Erika denies love and magic.

It is also possible that Erika's cruelty and most likely, her inferiority complex stems from her former lover's betrayal. Therefore, it is deemed that Erika grew to despise him. This is attested when Erika's mockingly refers to him after showing Dlanor her past kakera.

World of 1998

聖ルチーア学園のクラスメイト

クラスリーダーを始め、誰も縁寿への虐めを止めず積極的・消極的に虐めに加担。 配布物を渡さない、私物を隠す・破壊する、陰口は日常茶飯事だったらしい。連帯責任(奉仕活動=罰当番)回避のため、テストの出来が悪い縁寿を放課後皆で長時間に亘り吊るし上げ、狂気笑いをしていた。一人が怪死した為、同級生数人が警察に嫌疑を掛けられる羽目になる。

須磨寺霞の護衛

須磨寺家に仕える護衛たち。縁寿をつかまえるため須磨寺霞の無理な命令も着々とこなす。「お茶のお道具」(注:人を殺傷できる武器や銃火器類のこと)を携帯して、霞の命令なら殺人も辞さない人間たち。 失態を犯すと霞さんの「茶会」に招待される。チンピラ口調で縁寿を脅したりする所を見ると、結構なザコ属性の持ち主っぽいが、これが霞のサディスティックな性格を満足させるためにあえてチンピラっぽく縁寿を脅してるだけなら大したプロ根性である。

霧江の母(縁寿の祖母)

縁寿の母方の祖母(霧江の母)。須磨寺家の実力者で霞も恐れる人物。1998年世界で健在。祖父(1998年世界では死亡)との夫婦愛は冷え切っていた様子。

World of 1945

日本海軍は、本土防衛を目的として、八丈島と横須賀を結ぶ線上に回天搭載潜水艦の秘密基地を建造する計画を立案し、秘匿性が高いと見られた無人島の六軒島を候補に上げる。だが当時の日本には、既に回天を搭載できるだけの大型潜水艦が残っておらず、六軒島の基地建設は未完成に終わった。そのため島には岩窟内に建設途中の基地が残るのみで、その後は守備隊が島を管轄するだけとなった。 


そんなある日、10tのインゴットを積んだイタリア社会共和国海軍の潜水艦が六軒島の岩窟に入港し、六軒島での命運が大きく変わることになる。

Japanese Military

Lieutenant Yamamoto

Main article: Lieutenant Yamamoto

Tajima & Warrant Officer Hiraoka

Soldiers from the Japanese Army. Tajima was a colleague of Kinzo and Hiraoka was the first person that Kinzo saw died due to multiple gunshots. Hiraoka was the one who warned Kinzo of the Italians killing off the Japanese before being shot to death in front of Kinzo by an Italian after trying to tell Kinzo to run. Both their deaths discouraged Kinzo from wanting to die.

Salo Republican Army

Ensign Angelo

Gino & Rubens

Beatrice Castiliogni's father

Other Characters

マルソーの会長
ベアトリーチェの10トンの金塊を、金蔵以外で唯一目撃したとされる人物。 すでに亡くなっている。性別、名前不明。 若い頃の金蔵の保証人となった会長は、金蔵から10トンにおよぶ黄金のインゴットの山を見せられ、そこから任意に抜き取ったインゴットをひとつ持ち帰り、 それを見せることで財界のフィクサーたちを信用させて金蔵への融資を得たといわれる(本編ではあくまで保証人といわれているのみであり、彼(若しくは彼 女)自身が金蔵に融資を行ったかどうかは不明)。
引き取ったインゴットは再び右代宮家(蔵臼)の元に返った。
右代宮家の長老たち
戦前に関東大震災で全滅した右代宮家の復興を金蔵に指示した者たち。現在は故人である。 金蔵は当初、長老の操り人形のような状態であった。権利ではなく責任を背負わされた形であり、金蔵の子供たち曰く「金蔵の一番の不幸は右代宮家の当主を押 し付けられたこと」ということ。 金蔵の結婚相手も長老たちによって右代宮家に都合の良い相手が選ばれた。
サク、ヒナ、リン
いずれも朱志香の同級生。サクとヒナは朱志香より先に彼氏ができ、実際ヒナの彼氏は文化祭に来た他、リンの彼氏も登場した。
高宮議員、榎本会長
朱志香の学校でのPTA親睦会に来ていた、蔵臼夫婦と知り合いの要人たち。
デイル・ワタナベ
米国の弁護士。留弗夫の会社が米国で引き起こした問題を担当している。
南條の孫
南條の孫。重病。1998年世界によると、南條の息子には難病で天寿を全う出来なかった娘がいたとのこと。おそらくはこれが「南條の孫」のことだと思われる。episode3で南條輝正は殺されそうになる時、「重病の孫がいるので殺さないでくれ」と命乞いしていた。
曽根崎、近藤、土方
episode5にて、蔵臼に怪しげな投資計画を持ってきた蔵臼の事業関係の関係者たち。 蔵臼曰く優秀な男たちだという。 しかし、夏妃曰く詐欺師の一味としている。上記の三名の他にも数名の関係者がいる。
福音の家の園長
福音の家の園長。福音の家では、神の愛や聖霊のみちびきなどを教えるという、説教のようなこともしていたらしい。ヤスは園長先生から「神や聖霊の みちびきを感じるには眼ではなく心で視ること」を教えられ、それを実践することにより、「この世ならざるもの」を知覚認識する力を得た 。これがなんらかの超常的な力なのか、豊かな想像力をもっていただけなのかは不明である。
神父
真里亞の通う幼稚園で聖書のお話をしにきた神父。真里亞はこの神父に聞いた「聖母マリアの処女懐妊の物語」に衝撃を受け、自分に父がないことと名 前の一致から、自身を「選ばれた神の子」と認識するようになる。これをはじまりとして真里亞はオカルトに被れるようになり、ベアトリーチェとマリアー ジュ・ソルシエールをつくり、互いの宇宙を高めあうようになる。神父本人にそんな意図はなかっただろうが、この名もない神父様は、まぎれもなく六軒島事件 の遠因を作ったキーパーソンの一人である。
民生委員
中年の女性と思われる。1986年以前の時代に、真里亞が警察に保護された時に聴取を行った民生委員。本署で真里亞から聞き取り調査を行った。 楼座帰宅時に、真里亞が近所で夜一人で買い物や食事に来るため目立った存在であることを話し、北海道旅行の件を持ち出して楼座を問い詰める。
霧江の父親(縁寿の母方の祖父)
縁寿の母方の祖父(霧江の父)。須磨寺家からは離れて隠居している。1986年の親族会議で縁寿はこの祖父の元に預けられた。1998年世界では すでに死亡している。縁寿にとっては須磨寺関係者の中で唯一心が許せた人間。episode3後の縁寿は絵羽に引き取られるくらいなら祖父の元にいたかっ たようだが、右代宮家の跡継ぎとして縁寿が必要という度重なる絵羽の説得により、右代宮家に引き取られることになった。須磨寺家にとっては入り婿。家のた めの結婚だったらしく夫婦仲は悪かったらしい。別居同然の隠居も妻(霧江の母)の望みでもあったようなニュアンスがepisode4では語られている。
明日夢の両親
戦人の母方の祖父母(明日夢の両親)。割と最近相次いで死去、死因不明。双方ともに名前不明。 留弗夫の再婚後6年間、戦人は彼らの家に身を寄せ、母方の姓(この家の姓)を名乗っていた(苗字不明)。 戦人はここで「庶民の暮らし」をしていたそうなので、右代宮家のような金持ちではなく一般的な経済水準の世帯の模様。
川畑機長
新東京航空201便の機長として戦人たちを調布空港から新島空港まで運んだ。 「川畑」はepisode4で明かされる船長の名前と同じ。
画家
1984年4月以前に、金蔵に命じられてベアトリーチェの肖像画を描いた(おそらく大小の2枚)。何を元に描いたかは不明。
episode8では、1998年の世界で寿ゆかりとして生きていた縁寿に再びベアトリーチェの肖像画を依頼されていた。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.